2006年01月23日

キャバリアとの出会い

私が初めてキャバリアと出会ったのは、高校生の時でした。
叔母がわんこを飼うというので、一緒にペットショップについて行った時でした。

沢山の犬(笑)がいて、どれもこれも可愛くて♪
最終的に、キャバリアとヨーキーの2匹になり、
おばさんはヨーキーを選んで家族にしたのです。
キャバが良いよるんるんキャバが可愛いよ揺れるハートと進めたのですが・・・。
その日以来、私の頭の中から『キャバリア』が離れなくなり、
いつか絶対キャバリアを飼うと心に決めました。

旦那様とお付き合いをしている頃から、
暇をみつけてはペットショップめぐりをし、
キャバリアの女の子はいないかな〜。と探しまくりました。
その頃、まだあまりみつけられなくて、
やっとキャバリアに出会えても男の子でした失恋
なぜか、キャバリアの女の子にこだわっていました・・・。

結婚をする事になった時も、一番の条件はキャバリアを飼う事。
今思うと安すぎるおねだりですねあせあせ(飛び散る汗)
そんなある日、長年探し続けていたキャバリアの女の子にやっと巡り会えたのです。
それが、ぷりんです黒ハート

私はもう嬉しくて嬉しくてるんるん
でも、そのころ住んでいたマンションは、ペット禁止exclamation
悩みに悩んで、運命の子だと感じた私は、
ぷりんを家族にしたのです。
でも、実際飼ってみると、ペット禁止のマンションで飼う事は、
想像以上に大変で、苦しい事だらけです。
規則違反をしているのですから、当たり前ですね。
とうとう耐えられなくなった私は、旦那様にお願いをし、
今のうちに引っ越し。

ぷりんが人見知り犬見知りになってしまったのは、
ペット禁止のマンションで内緒に隠して飼ったからでしょうね。
ごめんね。ぷりん。
そして、大家さんごめんなさい・・・。

そんなキャバリアが大好きは私は今日も下
20060123_193016047.JPG
この子達に、癒される日々です。
あ〜ぁ、幸せハートたち(複数ハート)

ニックネーム みみ at 23:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする